事の始まりは大晦日。いつものメンバーで年越しをする為に我が自宅に集合。久しぶりに皆と
酒を交わし、その中でいつものごとく「鉄」の話題に話が集中。(私がけしかける事が多いが)
そんな会話の中でイヌくんが、「俺、223系、まだ乗った事ないねん。」
この一言で話が進展、みんなで乗りに行こうという事で、223系に乗りに行く事になりました。

イヌくんは、高校を卒業後、私達との『北海道遠征』終了直後、信州の大学に通う為、
長野県に移住、大学卒業後も大阪には戻ってくる事無くそのまま就職し、
大阪へは現在も、お盆、正月に車で帰省する程度という人物。

なので、JR発足後から西日本で登場した車両をほとんど見た事が無いという『浦島太郎』状態。
長野県での生活の中で、各地へ旅行をする事はあっても『鉄分の補給』というほどではなく、ましてや
関西に旅行に来る事もありませんでした。今回の「復活 鉄研旅行」で彼が目にするものはすべて新しく、
懐かしい物であり、イヌくんの15年間の変貌ぶりに驚愕する所が、私としては大変興味のある所です。

そんな訳で、今回は趣向を変え、私のカメラをイヌくんに託し、彼に思う存分撮影してもらい、
それを私(とらねこ)が編集し『こらむ』を作成するという形を採用しました。
記念写真以外はすべてイヌくんが撮影したものです。


関西を離れて15年の彼が、どんな写真を撮影するでしょうか。すごく楽しみです。



次のページ
Ads by TOK2