特集 はるか


山崎−高槻間

『はるか』は1994年に開業の関西国際空港と、新大阪・京都を結ぶ空港アクセス用として
JR西日本が投入した281系直流特急形電車です。京都−関西空港間を約72分でむすび、
一日30往復運転されており、これは在来線の特急列車の中では「リレーつばめ」に次いで
多い本数です。一部の『はるか』は米原まで足を伸ばしています。
車体カラーは白(雲)をベースに、青いライン(成層圏)、運転席周り、屋根のグレー(宇宙)と、
『空』をイメージしたカラーリングで、大形連続窓や、先頭車側面の「はるか」のロゴマーク、
そして、あまり見る機会が少ないかもしれませんが、屋根上の大きな「JR」マークが特徴です。
先頭車前面には、近い将来(?)の地下区間の走行を想定して非常用の貫通路が設置
されています。基本編成の先頭車以外は乗降口が2ヶ所設置され、大きな荷物を持つ乗客の
為に出入口が従来の特急形車両とくらべて広めで、デッキには荷物置き場があります。
クハ281の運転席の後ろは、CAT(シティエアターミナル。駅で飛行機のチェックインが
できるやつ。現在は廃止。)用荷物室になっていて、座席定員が少なめになっています。座席は
回転リクライニングシート、照明は電球色蛍光灯で落ち着きのある雰囲気を出しています。

281系編成表

開業当初は5両編成(基本編成)でしたが、利用客増加で輸送力が不足気味になってきた為、
翌年から中間付随車(サハ281-100番代)が増備され、現在では6両編成(基本編成)で
運転しています。6両のうち、2・5号車が電動車の2M4T編成で、MT比率1:2は、
他のJR西日本の特急形車両と同様に採用されています。VVVFインバーター制御で、
出力180kWのモーターを個別に制御しています。サンダーバードなどの681系で
採用されているMTユニットではなく1M方式を採用、電動車に補助電源装置などを集中、
電動車の重量を重くして粘着性能を稼ぎ、加速力を良くしています。
運転開始当初は全車指定席でしたが、後に自由席が設定されました。自由席は、京都発が
5・6号車の2両、関西空港発が4〜6号車の3両と、上りと下りで両数が違います。
飛行機の到着時刻が遅れたりする事があり、関西空港発の指定席の予約が少ないためです。

『はるか』屋根上のロゴ 屋根上の「JR」ロゴマーク。
車両に描かれた「JR」ロゴのなかで
一番大きなロゴではないでしょうか。

関西空港に離着陸する
飛行機の中から見えるのでしょうか。
車体側面の「はるか」ロゴマーク。
五重塔と遠くに見える富士山で
(実際には見えませんが)
外国からの乗客にアピール。
『はるか』ロゴ


杉本町−浅香間

フレームレスの連続大形窓はJR西日本の新型特急車両全般に採用されています。
2004年9月、空港開港10周年ということで、『はるか』にも記念のラッピングが施されました。



弁天町−大正間 『はるか』は、京都−関西空港間99.5キロ(営業キロ)、所要時間約72分と、他の特急列車と 比べて非常に短距離なのですが、 京都から東海道本線梅田貨物線大阪環状線関西本線阪和線関西空港線と、 短時間に多くの路線を渡って走行します。関西本線と阪和線の渡り線は1989年に、「くろしお」・「スーパーくろしお」等の 紀勢線直通列車が新大阪・京都に直接乗り入れる為に設置されたコースで、『はるか』も同様のコースを通ります。
さらに『はるか』は、時刻表を見ると、京都−新大阪間の所要時間が上り(約23分)、下り(約28分)と違います。
上りの『はるか』が本線を走行するのに対し、下りの『はるか』は京都を発車後、向日町まで貨物線を走行、梅小路駅付近での ポイント制限などによりスピードを出せない為で、他の旅客列車と比べてかなり特異なルートを走行します。

次のページではそんな変わったルートを走行する『はるか』を京都から関西空港まで紹介します。ページを ご覧の皆様も『はるか』に乗った気分でご覧下さいませ。お手元に
地図等があれば、ご一緒にご覧頂くとより効果的です。


それでは、とらねこ版、「短絡線ミステリー」の始まりです。



次のページ

Ads by TOK2