「スプートニクの恋人」の風景




<井の頭公園のベンチ>

[900x600] [660x440] ←以下、この表示は全て動画になります。

"ぼく"は井の頭公園のベンチですみれの話を聞く。

 作中には「井の頭公園のベンチに並んで座っていた。」とあります。さらに「ぼくらの前には池が広がっていた。」とありますが、井の頭公園の池のほとりにあるベンチは無数にあります。私はそのうちの一つを選び、撮影を行いました。
 この公園には大きな池があり、そこに七井橋という橋が架かっています。この橋から見た西側東側の風景も撮影しました。
 井の頭公園へのJR吉祥寺駅からのアクセスはこのようになります。







<井の頭公園近くの電話ボックス>

[900x600] [660x440]

すみれは公園の近くの公衆電話から"ぼく"に電話をかける。

 すみれは「(井の頭)公園の近くの公衆電話」から電話をかけます。さらに作中にはそれが「電話ボックス」であるとの記述もあります。私は井の頭公園の近くの電話ボックスを探しました。意外と公園付近には電話ボックスはないもので、井の頭公園とJR吉祥寺駅の間には電話ボックスは一つしかありませんでした。もちろんその電話ボックスの写真を動画で使用しました。







<スプートニクの末裔たち>

[900x600] [660x440]

結局、すみれを見つけだすことはできなかった。
"ぼく"はギリシャでの最後の夕暮れを眺める。

この写真は、フリー素材サイトの写真を使用させていただきました。







<広尾の明治屋の交差点>

[900x600] [660x440]

"ぼく"は広尾の明治屋の交差点の近くで、車に乗ったミュウとすれ違う。

 作中には「広尾の明治屋の交差点の近く」とあります。この交差点は地図を見れば分かるように簡単に特定できます。明治屋はプラザ広尾の中にあります。私はプラザ広尾をバックにして、この交差点を撮影しました。







<半月>

[900x600] [660x440]

行方不明だったすみれから最後に電話がかかってくる。
(ラスト)

この写真は使いまわしです(笑)