「ノルウェイの森」の風景




<寮>

[900x600] [660x440] ←以下、この表示は全て動画になります。

"僕"は誰も知っている人間のいない東京で新たな生活を始める。

【Location 解説】







<四ッ谷の土手>

[900x600] [660x440]

"僕"と直子は中央線の電車の中で偶然に高校以来再会する。
直子の誘いで二人は四ッ谷駅で降り、歩き始める。

【Location 解説】







<お茶の水の坂>

[900x600] [660x440]

"僕"と直子はお茶の水の坂を上り歩き続ける。

【Location 解説】







<駒込駅近くのそば屋>

[900x600] [660x440]

気がつくと二人は駒込まで歩いていた。
二人は駅の近くのそば屋に入り、食事をする。

【Location 解説】







<港へ向かう坂道>

[900x600] [660x440]

"僕"はキズキが自殺した日のことを回想する。

【Location 解説】







<神戸の街>

[900x600] [660x440]

回想シーン(続き)

【Location 解説】







<大学の講義室>

[900x600] [660x440]

直子は誕生日以来、"僕"の前から姿を消してしまう。
"僕"は手紙を送るが、返事は来ない。

【Location 解説】







<寮のロビーのTV>

[900x600] [660x440]

誕生日から3ヶ月後、療養所にいる直子から手紙が届く。
"僕"は直子の行き場のない想いに、たまらなく哀しい気持ちになる。

【Location 解説】







<寮の給水塔の上>

[900x600] [660x440]

辛い気持ちでいた"僕"は突撃隊から螢をもらう。
夜、夏休みの誰もいない寮の屋上で、"僕"は螢を放す。

【Location 解説】







<レストラン>

[900x600] [660x440]

"僕"は講義の後、近くのレストランで一人昼食をとる。
同じ講義を取っている女性、緑が突然"僕"に話し掛けてくる。

【Location 解説】







<都電>

[900x600] [660x440]

緑は"僕"を家に招待する。
日曜日の朝、"僕"は都電で緑の家に向かう。

【Location 解説】







<小林書店>

[900x600] [660x440]

大塚駅で都電を降りた"僕"は、緑の家「小林書店」まで歩く。

【Location 解説】







<大学構内>

[900x600] [660x440]

翌日の講義を緑は欠席。
"僕"は、昼休みを中庭で一人過ごす。

【Location 解説】







<朝の東京駅>

[900x600] [660x440]

直子から「会いに来て下さい」との手紙をもらった"僕"は、次の日の朝はやく直子のいる療養所「阿美寮」のある京都に向かう。

【Location 解説】







<「ノルウェイの森」>

[900x600] [660x440]

"僕"は「阿美寮」で直子やレイコさんと穏やかな時を過ごす。
直子は「深い森」の話をする。

【Location 解説】







<海岸の病院>

[900x600] [660x440]

"僕"は高校時代に直子が入院していた病院を訪れたことを思い出す。

【Location 解説】







<レコード屋>

[900x600] [660x440]

京都の「阿美寮」で直子と三日間過ごした後、"僕"は東京に戻ってくる。
寮に着き、すぐにバイト先の新宿のレコード屋に向かう。

【Location 解説】




<レコード屋(改)>

[900x600] [660x440]

京都の「阿美寮」で直子と三日間過ごした後、"僕"は東京に戻ってくる。
寮に着き、すぐにバイト先の新宿のレコード屋に向かう。

【Location 解説】







<中庭の国旗>

[900x600] [660x440]

混乱した頭を抱えたままバイト先から寮に帰った僕は、直子の記憶とひどい疲れのため眠れない夜を過す。

【Location 解説】







<DUG>

[900x600] [660x440]

京都から戻ってきて以来、現実になじめないでいる"僕"を、緑が新宿のジャズ喫茶「DUG」に連れ出す。

【Location 解説】







<ウインドウ・ショッピング>

[900x600] [660x440]

「DUG」を出た二人は、新宿の街をしばらくブラブラと歩く。

【Location 解説】







<大学病院>

[900x600] [660x440]

日曜日、"僕"は緑に誘われ、緑の父親が入院しているお茶の水の大学病院に付き添う。

【Location 解説】







<新宿の雑踏>

[900x600] [660x440]

「静かで平和で孤独な日曜日」に、"僕"は直子に手紙を書き、直子や緑、死んでしまった緑の父親のことを考える。

【Location 解説】







<DUG>

[900x600] [660x440]

父親の葬式の後、しばらく連絡がなかった緑に、突然「DUG」に呼び出される。
"僕"は緑から旅行の話を聞かされる。







<映画館>

[900x600] [660x440]

「DUG」を出た後、"僕"は緑の希望で一緒に成人映画を見に行かされる。

【Location 解説】







<新宿駅の有料トイレ>

[900x600] [660x440]

飲んではしゃぎすぎた緑は、新宿駅の有料トイレに駆け込む。
15分後、白い顔をしてようやくトイレから出てくる。

【Location 解説】







<寮>

[900x600] [660x440]

"僕"は「阿美寮」を再び訪れ、直子と二人で暮らしたいという意志を告げる。
一方、東京の寮では学生運動の余波で小競り合いが頻発するようになってきていた。

【Location 解説】







<吉祥寺のジャズ喫茶>

[900x600] [660x440]

寮を出て吉祥寺に引っ越した"僕"は手紙で直子に一緒に住むことを提案する。
一方、緑に何も言わずに引っ越してしまったため、僕は緑を怒らせてしまう。
僕は緑に手紙で詫びるが、返事は来ない。
僕は二人からの手紙を待ちつづける。

【Location 解説】







<庭の桜>

[900x600] [660x440]

直子ではなく、レイコさんからの手紙が"僕"の元に届く。
その内容は、直子の症状の深刻な悪化を告げるものであった。

【Location 解説】







<文学部の裏出にある小さなレストラン>

[900x600] [660x440]

緑は仲直りをしようと、"僕"を誘い出す。
直子のことで衰弱しきっている"僕"は、緑の話を上手く聴き取ることができない。
レストランに二人でいると緑の友だちが入ってきて、緑と話し始める。

【Location 解説】







<古本屋街>

[900x600] [660x440]

レストランを出た二人は町を散歩する。

【Location 解説】







<四月〜五月>

[900x600] [660x440]

二人でいるときでも他の人のことを考えてばかりいる"僕"に、緑はまた怒り出してしまう。
"僕"は緑と連絡を取ることすら出来なくなってしまう。

【Location 解説】







<教室の机>

[900x600] [660x440]

レイコさんから再び手紙が届く。
直子を病院に移すという内容のものだった。

【Location 解説】







<デパートの屋上>

[900x600] [660x440]

緑が二ヶ月ぶりに、"僕"に話しかける。
緑は"僕"を連れ出して"僕"に対する気持ちを打ち明け、抱きしめてほしいと言う。

【Location 解説】







<新宿駅のホーム>

[900x600] [660x440]

直子は快方に向かいつつあるという手紙がレイコさんから届く。
しかし、その数日後、直子の死が知らされる。

【Location 解説】







<東京駅>

[900x600] [660x440]

"僕"は自分を追いつめ、傷めつけるような旅を続ける。
一ヵ月後、"僕"は現実の世界に戻る決意をする。

【Location 解説】







<暗い森の奥>

[900x600] [660x440]

東京に戻ってからも"僕"は一人で部屋の中に閉じこもり、何日かを過ごす。

【Location 解説】







<武蔵野の風景>

[900x600] [660x440]

レイコさんが、"僕"とゆっくり話がしたいと東京に出てくる。

【Location 解説】







<上野駅ホームのベンチ>

[900x600] [660x440]

二人だけで直子の葬式をした次の日、"僕"は旭川に向かうレイコさんを上野駅まで送る。

【Location 解説】







<電話ボックス>

[900x600] [660x440]

"僕"は、レイコさんを見送った後、緑に公衆電話から電話をかける。

【Location 解説】