■遊佐流FLASHCGの描きかた

アニメ塗りで重要になるものは影つけです。
私のイラストも結構影つけには神経を使ってるつもりです。これが自然にかけるようにならないと立体感が出ないと思います。
今回、無理を言って漫画家さんの遊佐魅森様に影付けとFLASHでのイラスト作成ハゥトゥものを描いて頂きました。
本当にありがとうございました。m(__)m


遊佐魅森様のサイトはこちらから(年齢制限あり)

 

1.下絵を描く

新規作成した新しいファイルの「レイヤ1」にブラシツールを使って下絵を描いていきます。その時オプションの筆圧ボタンを押してくださいね。ブラシの太さブラシの形を必要に応じて設定してください。

塗りの色は塗りのカラーで決めてください。

※タブレットをお持ちでない方はそのままでを押さずにマウスで描くといいでしょう。

2.トレースの準備
下絵が完成したらトレースし易いような色に変換してみましょう。
「編集>すべて選択」を実行した後
塗りのカラーで変更すると一発変換します。
3.下絵をトレース
次にレイヤの追加ボタンを押してレイヤを追加します。その時レイヤ1はロックして編集できないようにしてください。このような状態ならOKです。(レイヤ2に鉛筆マークがないと編集はできませんので注意してね)

オブジェクトの吸着アイコンを戻して鉛筆ツールのオプションスムースを選択して描いてください。
描きにくい場合は画面の表示大きさを変えて描いてください。
また線の太さは「ウィンドゥ>パネル>線」で変更できます。
4.線画の修正

線画が終わりました、ロックしてある下絵の「レイヤ1」の所を右クリックして「レイヤを削除」でレイヤごと消してしまいます。
次に線の余分なところや閉じてないところを修正してみましょう。
余分な線は消しゴムツールのオプション流し消すで交差してるいらない線の場所をチョンチョンとクリックすると消えます。
また閉じてない線の場合はオブジェクトの吸着アイコンを押して矢印ツールで線の先端を引っ張ってくっつけたい線に近づけると綺麗にくっつけてくれます。

5.塗り分けの準備
陰影を塗り分ける為に境界線を引きます。慣れればこのように最初から塗り分ける線を引けますが塗ってからでもできますので自分のやり易い方法でやってみてください。
境界線は後で消しやすいように線のカラーを使って主線とは別の色にして描きましょう。線はこのように交差するように描いてください。
6.塗る
バケツツールを使って塗っていきます。
バケツツールで、もし色が塗れなかったらオプションの「隙間を閉じない>小さな隙間を閉じる>中くらいの隙間を閉じる>大きな隙間を閉じる」の順に設定しながら塗ってください。ペイント系のように完全に線が閉じてなくてもFLASHでは塗ることができます。また画面に流れ込むこともないです。
色は塗りのカラーで変更してください。
7.境界線を消す
塗りが終わったら、境界線の線を消しましょう。
線は前にも述べた消しゴムツールのオプション流し消すでいらない線の場所をチョンチョンとクリックして消してください。
8.仕上げ
いよいよ仕上げの段階になりました。
髪のキューティクルの光ってる所や目の部分をそれぞれ前に述べた方法で塗っていきましょう。図を参考にやってみてください。
9.完成

最後の仕上げをします。塗れてないとこや線がはみでててるところはこの上のやり方で修正してください。

「編集>すべて選択」次に「修正>最適化」から曲線の最適化ダイアログボックスを開き「スムージング」を「なし」、他のチェックボックスにチェックを入れOKボタンを押してください。(こうすることにより更に要らない無駄なパスを削除してくれます)

続いて「修正>グループ化」を実行して作業終了です。
「ファイル>パブリッシュ」でHTMLとSWFファイルが生成されましたらその2つを同じフォルダにおいて、HTMLファイルから見るようにすればOKです。

背景色の変更や画面の大きさは「修正>ムービ」のムービーのプロパティダイアログボックスから変更してください。

お疲れ様でした^^)


トップに戻る

Ads by TOK2