ナムアミダブツ!の巻
蘇州にての2日目。船に乗り、運河を巡る予定だったが、、、思わぬアクシデントにより、「ナムアミダブツ」となったこの日。何だかねぇ、、、

蘇州2日目

おはようございます。
蘇州2日目、天気は晴れ。目覚めの良い朝。最高の気分で観光に望む事ができる。

さて、今日はどうしよう。昨日は「四大庭園」を見て廻ったから、今日はその他の観光名所を堪能しようじゃないか。せっかくの蘇州だから、思う存分満喫しよう!
そうと決まれば、早速着替えて、、、どうしよう?
やはり、ガイドブックと地図を見ながら、、、よし、まずは
盤門へ向かうことにしよう!

盤門
三輪タクシーに乗って、盤門に到着!
ここでは1つの「こだわり」があった。それは、某書で紹介されている写真と同じ写真を撮る事だ。アホか!くだらない!と思われるだろうが、私にとっては、結構楽しめる目標であったのだ。
盤門に到着後、色々とまわり、某書の写真と同じ雰囲気の場所を探し回った結果、ある水路にたどり着いた。そこで撮った、こだわりの写真(←)である。勘の良い人ならば、私の言わんとする所の情景が頭に浮かんでくる事でしょう。
この写真は私のお気に入りの1つやね。正に、目標を到達した喜びと言うか、、、。

 ←左の画像をマウスでポイントしてください。
   ※(クリックはしないでね)


続いては、運河をまわることを第一の目標として、寒山寺に向かうことにしよう。
情報によると、ここから、
運河を通りながら「虎丘」に向けての船があるらしいのだ。
生の蘇州の運河を巡る船と聞けば、行かざるを得ないであろう。


寒山寺 またまた三輪タクシーのバイク版に乗り、寒山寺に到着。
寺の中に入り、とりあえず寺内を観光した。
その後は
最大の目標、船に乗り、運河を進み、「虎丘」を目指すのだ。寒山寺の裏道?土産物屋街を通り、船乗り場に到着。ここで、また現れた!日本人のツアー観光客のおっさん!船乗り場の川で足を洗いながら鼻歌を歌っている。陽気に「東洋のベニス、蘇州♪」を繰り返していた。作詞作曲、全てそのおっさん。日本に帰ってから、デビューでもしなさるのか?
その後、貧乏ながらも金にモノを言わせて、一隻の船を貸し切り、運河進みながら虎丘を目指すが、、、ここで思わぬアクシデントが発生!なんと船の交通渋滞で、前に進めなくなってしまったのだ。1時間ほど待ったが、結局、船頭と相談の末、虎丘を諦め、引き返して「西園」に向かう事となった。もちろん、お金は返って来ない!
 ←左の画像をマウスでポイントしてください。
   ※(クリックはしないでね)


仕方なく船に乗っての「虎丘」行きを諦め、西園に到着。
しかしながら、また意味の分からない事が!
なんと船頭のおっさんが一緒に付いて来たのだ!しかも西園の入場料は、こっち(私)が払うといった始末!騙されたのかな?

船頭のおっさんの案内で西園内を観光。
ここはスゴイよ!ものすごい数の仏像が並べられていて、ちょっと気持ち悪かったね。入口にはお経を唱える信者が、正座でずっとこちらを睨めつけている。
無理矢理、お布施のようなモノを取られたね。金額はだいたい20元ぐらい。本来なら、「
何でや!」と抵抗する所だけど、さすがにここの雰囲気では、何となく気が引けた。
それにしても、このおっさん(船頭)は何なんだ?
途中で船を止めて申し訳ないと思っているのか、それとも、日本人に金を払わせて、西園を観光したいだけなのか?未だに良く分からないおっさんやったね。
西園

 ←左の画像をマウスでポイントしてください。
   ※(クリックはしないでね)


西園を出て、おっさんが捕まえてくれたタクシーに乗り、虎丘に出発。
この時点でかなりクタクタだった。
本当はホテルに帰って爆睡したかったが、そうもいかず、5分後ぐらいに
虎丘に到着。

虎丘
疲れ切ったまま、虎丘に到着。
ひたすら頂上の塔を目指して登りつづけた。途中で籠のような物もあったが、
もう金銭的な余裕がない!自分の力で頂上を目指すしかないのだ。本当に辛い!
やっとのことで塔に到着した。
ん?この塔は大丈夫なのか?えらく傾いているが、、、まるでテレビで見たピサの斜塔を眼前に見ているようだった。
真っ先に、スーパーマンを思い出したね。皆様は御存知ですかな?
何作目かは忘れたが、スーパーマンが倒れかけた塔を直すところのシーン。あの時
「すっげー!」と思ったのは私だけだったのだろうか、、、
とにかく虎丘での目標を果たし、またこの登って来た坂を下りて行く。面倒くさいし、
何よりしんどいんじゃ!
やっとこさ、坂を下りて、土産物屋を抜け、バス停へと向かう。途中でアイスクリームを買って、栄養分?水分を補給。
下半身の筋肉が痛い!

 ←左の画像をマウスでポイントしてください。
   ※(クリックはしないでね)


ホテルに帰ってきて、とりあえず一安心。
枝豆とビールが欲しい気分だ。すぐさま近くの食堂に向かい購入した。
本当なら、
枝豆に塩をふりたい所だが、そこは我慢がまん。
おいしいビールと、おつまみの枝豆を頂いてから、明日に備えて
おやすみなさい。



番外編(投稿体験記)

蘇州について はじめまして、中国蘇州出身の者です。
早速蘇州旅行記を読みまして、気になる所がありました。
1、「西園」で布施をしなくていいです。何回行ったことがありますが、一回したこともありません(笑)。日本人を狙うのもあると思いますが、すみませんでした。
2、虎丘に「後山」があります。塔を見た後、来る時と同じ方向でうまく道を探せば、後山に行けます。景色がとてもきれいで、20分ぐらい散歩すると、正門にたどり着きます。さすがに現地の人しか分からない情報ですかね。

※※みみさんからの情報※※

>>次の日(6日目)へ

長編
1日目: やってきました中国へ! 2日目: それは無理でしょ! 3日目: ぶっ殺すぞ!
4日目: どうだったっけ? 5日目: ナムアミダブツ! 6日目: 心優しい日本人!
7日目: 捜せ!成都雑技団 8日目: 死ね! 9日目: お宝発見!
10日目: 豪快スタント! 11日目: 斉天大聖孫悟空! 12日目: その名はビティー!
13日目: 食えるか! 14日目: 漢民族に会いたい! 15日目: お疲れさま!
短編
其之一: 宜昌・神農架 其之二: 武漢 其之三: 淮南・寿県



HOME  最強目次  サイトマップ  中国関連商品紹介  日記  映画(中国語名)
入門クラス:
発音編  講座編  特別講座  中検対策  おすすめ教材  通信講座/語学教室等
初級クラス: 旅日記で学ぶ中国語   中級クラス: 小欄目
国際交流室: 掲示板  チャット  メーリングリスト

Copyright (C) あいうえお中国語. All Rights Reserved.