漢民族に会いたい!の巻
ついに中国西の端、カシュガルに到着。ここまで来るとウイグル民族ばかりで、中国にいるという気が全くしない。
・・・漢民族が懐かしい。

ウルムチカシュガル

おはようございます。14日目の朝を迎える。
荷物をまとめ、早々にチェックアウト。ウルムチ駅へと向かう。
今日はまた列車に乗って、いよいよ西の端
カシュガルへと向かうのだ。
駅で飲み物と食糧を買い込み列車に乗り込む。この列車はなかなか綺麗だ。
丸2日間列車の中で過ごす。何もする事がない。
列車の旅も本当に飽きてきたぞ!

喀什 カシュガル
Kashi

列車での缶詰状態にストレスが溜まり、もう爆発寸前という頃、とうとうカシュガルに到着。
朝早くに着いたため、周りはまだ暗い。
列車から降りてくるのも頭に帽子や布を巻いたウイグル人ばかりだ。


カシュガル駅
駅についたとき、必死で探した看板?である。
折角ここまで来たのだから、何か確実な証拠が欲しい。写真を見てお分かりのように、これより西側には何の駅もない事が分かる。
そう、ここが西の端なのだ!
駅はまだ新しく出来たばかりで、結構綺麗だった気がするが、暗かったので本当のところはどうなのか定かではない。
とりあえず一服しながら、ボケーっと看板を眺める。

 ←左の画像をマウスでポイントしてください。
   ※(クリックはしないでね)


とりあえず、駅前からタクシーに乗って、某ガイドブックに書いてあったホテルへ直行しチェックイン。
少し休憩したあと、レンタルサイクルで街中を見学する。
カシュガルも小さな街で、敦煌と同じように歩いて廻ることもできる。
ちょうどこの日は日曜日だったということもあり、
日曜バザールを見に行く事にした。
自転車でも行けるし、バスでも行ける。


日曜バザール なんだここは?!
すごい人だ。どこを見てもヒト、ひと、人。
前に歩くことすらままならない。人の間を縫って、バザールの雰囲気を味わう事に。
色々なものがあるが、ほとんどは刺繍などだ。シルクロードと言われるだけはあるね。特にスカーフが多い。
地元のウイグル人たちも、頭に巻いたりして買い物を楽しんでいた。ここでもやはり値切りは必要である。基本的には、最初に言われた値段の半額ぐらいで買えるのではないだろうか。
隣に動物を売る市場もあったが、そっちは後で知ったので、行く事が出来なかった。
ちょっと悔しいね。

 ←左の画像をマウスでポイントしてください。
   ※(クリックはしないでね)


とりあえず目的の日曜バザールを見ることが出来たので、ホテルに帰ることにする。
ホテルの隣にあった漢民族向けのレストランで食事をし、ついでにシシカバブーとビールを頂く。
このシシカバブー、この旅行中色々な所で食べてきたが、一番美味しかったのはやはりトルファンの「高昌古城」で食べた奴だ。あの味は一生忘れる事は無いだろう。焼き方も少し違っていた。
まあ、とりあえず食事を終え、ホテルに帰りシャワーを浴びる。
その後、
風呂上がりに!と、また1階の売店でビールを買ってきて部屋で飲む。
程よく酔っ払ってきたところで就寝。おやすみなさい。

>>次の日(15日目)へ

長編
1日目: やってきました中国へ! 2日目: それは無理でしょ! 3日目: ぶっ殺すぞ!
4日目: どうだったっけ? 5日目: ナムアミダブツ! 6日目: 心優しい日本人!
7日目: 捜せ!成都雑技団 8日目: 死ね! 9日目: お宝発見!
10日目: 豪快スタント! 11日目: 斉天大聖孫悟空! 12日目: その名はビティー!
13日目: 食えるか! 14日目: 漢民族に会いたい! 15日目: お疲れさま!
短編
其之一: 宜昌・神農架 其之二: 武漢 其之三: 淮南・寿県



HOME  最強目次  サイトマップ  中国関連商品紹介  日記  映画(中国語名)
入門クラス:
発音編  講座編  特別講座  中検対策  おすすめ教材  通信講座/語学教室等
初級クラス: 旅日記で学ぶ中国語   中級クラス: 小欄目
国際交流室: 掲示板  チャット  メーリングリスト

Copyright (C) あいうえお中国語. All Rights Reserved.