ぶらぶらローマの休日

悠久の都ローマだから10年前の写真も5年前のも大して変わらない?
でも、人間の方はしっかり変わっているのであった…。




ど迫力のコロッセオ。

       
コロッセオ内部。(この写真は10年前のものです。すみません。)
        
バチカン市国のサン・ピエトロ大聖堂。中に入ると改めてその大きさを体感できる。人間の大きさと比べて見てください。見にくいけど…。右端は絵葉書。
       
バチカン美術館の地図のガレリア。。天井画は意味不明のものもあり楽しい。古代ローマ時代の建物パンテオン。スペイン階段の絵葉書。

バチカン美術館と言えばなんと言ってもシスティーナ礼拝堂のミケランジェロの壁画ですね。ここだけは異常に人口密度が高いです。
祭壇画の「最後の審判」と天地創造の天井画は必見。天井画をずっと見ていると首が痛くなるので手鏡を持っていくといいでしょう。

     
ナボナ広場の噴水。工事中で水のないトレビの泉。今は右端の絵葉書のようにちゃんと水をたたえています。
工事中の水のない泉にコインを投げてもまた再びローマの地を踏むことができました。昨年行った時はトレビの泉の周りのお店のウインドウにはやけに中国語が目に付いたものでした。
         
5年前、テルミニ駅のホームの柱という柱はセーラームーンのポスターで埋め尽くされていた。
真中はアレッシィのお店。右はテルミニ駅近くのエコノミーホテル「TOURING」近くに美味しいトラットリア(食堂)がありました。

ローマの写真が少ないのはフイルム一本だめにしたからだけじゃなく、実際あまりあちこち行ってないし、写真もあまり撮っていないから。
去年なんかローマで撮った写真はカラオケ屋の中での一枚だけでした。美男美女の訳あり風(勝手に想像)韓国人夫婦が経営するカラオケ屋の中は日本、韓国、台湾、フィリピンの4カ国対抗歌合戦会場と化していたのでした。(台湾女子学生(?)チームの圧勝だった。)どうでもいい話でしたね。

ローマはフォロ・ロマーノもカラカラ浴場もアッピア街道もボルゲーゼ美術館も行ってない。今後の課題です。
面白かったのはポルタ・ポルテーゼの蚤の市。家具やアンティーク物などはいくら見ていても飽きません。
でも、ジプシーのスリがいるので気をつけて。いかさまのトランプ賭博屋(客はみんなグル)にも引っかからないように。
トラステベレの教会やピッツェリア、ベネト通りの骸骨寺もおすすめです。