サンタルチアな街、ナポリ。

ナポリと言えば「サンタルチア」。そして、「フニクリ、フニクラ」。ちょっと足を伸ばして「帰れ、ソレントヘ」と、とにかく歌いだしたくなってしまうような最もイタリアらしい陽気な街です。ここでは、ナポリの街の知られざる部分もちょこっと紹介しています。

              

           カステル・ヌウォーヴォ                プレビシート広場         ナポリの道化師「プルチネッラ」


スパッカナポリを歩いてみよう。

サンタ・ルチアばかりがナポリじゃない。「ナポリを見て死ね」という名文句がある一方で、「ナポリを見たら死ぬ!」というジョークもあるほど治安の悪い街と思われていたナポリ旧市街も近年、世界遺産に認定されて以来治安は向上し、観光の街へと生まれ変わろうとしています。
でも、狭い路地を縦横無尽に走り抜けていくたくさんのバイクを見ていると、ここがまるでアジアの一都市のような錯覚を覚えることも。手荷物にはくれぐれも注意しましょう。

                
メインストリー ト   ナポリの守護神「ニーロ像」  インマコラータの塔     食料品店の軒先には たくさんのパスタが 

           
   骸骨寺の入口         怖すぎる!天使の装飾   ナポリ・ジェス・ヌウォーヴオ教会   サンタキアーラ教会のマヨルカ焼きの回廊

        

ギリシャ人が築いたナポリの 古代地下都市ツアーは   サン・セベーロ礼拝堂   これもサンタ・キアーラ教会の回廊。             
古代地下都市の入口。     ロウソクを持って進む。  血管だけを残した人体。     こんなふうになっている。
                                      怪しすぎる!

ピッツア・マルゲリータ発祥の店「BRANDI」
      ナポリ郊外にも出かけてみよう。